« 春菊の花 | トップページ | 畑にも綺麗な花を »

2008年4月23日 (水)

うちの鶏-マコティ一家-

 わが農園には、鶏がオス1羽とメス5羽おり、毎日僕たちにとても美味しい有精卵を提供してくれています。メス5羽は、知り合いの養鶏場から廃鶏(卵を産まなくなった鶏のこと)をもらってきました。

 しかし最初は卵を生まず毛が無かったメスドリも、無農薬の野菜やコメの餌と歩き回れる環境で住まわすことで、じきに卵を産むようになりました。そして、ただの卵より生命力があり栄養価の高い有精卵がほしいということで、昨年オスの鶏を買ってきたのです。

Makothi 写真:我が家の鶏(手前白くて大きいのが雄鶏)

 最初はおとなしかったこの雄鶏が、最近豹変しました。なぜか家族を襲うようになったのです。最初の犠牲者はようちゃんでした。

 3週間ほど前、鶏小屋の隣に住むごんたの散歩をしようと、犬小屋に行ったとき、雄鶏がガンをとばしてきました。ようちゃんは、「向こうへ行けっ」と追い払ってから、ごんたを連れて出ようとしたその瞬間っ!走ってきた雄鶏が、ようちゃんの足に飛び蹴りをくらわしてきたのです。

 ようちゃんは、鶏の足跡の形についたあざを見せながらそのことを家族に報告し、危険を訴えたのですが、家族は笑って取り合いません。そのうちに、ともちゃんが、そしてはっちゃんが襲われました。いずれもごんたの散歩や餌やりで雄鶏に背を向けたときでした。

 そして先週な-ちゃんが娘のはるるんを連れて、裏庭にキンカンを取りに行ったときにも、悲劇は繰り返されたのです。

 なーちゃんは、凶悪な雄鶏の情報を知らされず、無防備に鶏小屋の近くにある木からキンカンをとっていました。そして急に近づいてきた雄鶏に足を飛び蹴りされました。

 おどろいたなーちゃんは、思わず本気で雄鶏を蹴り返しました。しかし1m近く吹っ飛ばされた雄鶏は、すぐに態勢を整え、なーちゃんを睨みつけ不敵にも「クォケコッコー」と鳴いたのでした。なーちゃんは、恐ろしくなりすぐにはるるんを抱いて逃げたのでした。

 こうした相次ぐ被害のもと、家族の女性陣は雄鶏を恐れ、裏庭に入ることができなくなりました。そして、緊急の家族会議が開かれ、雄鶏対策が練られました。

 まず雄鶏に弱そうな名前をつけようということで、「マコティ」と名づけました。次に、午後2時までは、鶏小屋にマコティを監禁しておき、その間に用事をすることにしました。そして、2時以降に入る場合は、二人以上でかつマコティに背中を見せないように決めました。

 しかし、マコティにただ一人襲われない人がいました。ばーちゃんです。ばーちゃんは、鶏の世話係で餌やりをするので、襲われないのだろうと考えられています。

 

 マコティが、攻撃的になった原因は何なのか?どうすれば、以前のようにおとなしくなるのか?そして、いつ家族に安寧の日々が帰って来るのか?マコティという名前を彼は気に入っているのか?

 多くの謎と疑問を抱えながら、今日も美味しい卵焼きをいただく井上一家であった。

 写真:ふんぞりかえるマコティ

Makothi2

 

|

« 春菊の花 | トップページ | 畑にも綺麗な花を »

ペット」カテゴリの記事

コメント

テツさん、いつかではなく、この日に行くと決められると実現しますよ。鹿児島には3年以内に必ず行きます。待っててくださいね!

投稿: ゆっきー | 2008年4月25日 (金) 08時36分

 ゆっきーさん、ありがとうございます。いつかそちらに遊びにいけるようがんばります!

投稿: テツ | 2008年4月24日 (木) 19時56分

テツさん、コメントありがとうございます。すでに僕は、2ラウンドほど対戦しました。結果は痛み分けです。

養鶏場のニワトリは、昼夜関係なく時間ごとに卵を産まさせられる環境で、平均寿命は2年足らずしかないとか。

感染症などの病気をせずに、老衰で死ぬまでの寿命というのなら、8~10年ぐらいといわれています。

高知に来られたら、この最高の有精卵をごちそうしますよ!

投稿: ゆっきー | 2008年4月24日 (木) 07時16分

 これが噂に聞く雄鶏ですか。名前はマコティっていうんですね。
 やんちゃしてなーちゃんから本気でけられたとは・・・。ゆっきーさんもけられないように気をつけてくださいネ!
 それにしても、卵を産まなかった雌鶏が、卵を産むようになったというのはすごいと思います。食生活は大事なんだなと思いました。

投稿: テツ | 2008年4月23日 (水) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027725/20503838

この記事へのトラックバック一覧です: うちの鶏-マコティ一家-:

« 春菊の花 | トップページ | 畑にも綺麗な花を »