« 野菜の出荷 | トップページ | ごんたの通院生活2 »

2008年4月19日 (土)

ジャガイモの草引き

 今日の午前中は高知空港の近くにある吉川村の畑で、ジャガイモの草引きをしました。もともとは、その隣の畝(うね)にさつまいもの苗を植えに行こうとはっちゃんに誘われて行ったんですが、そのはっちゃんから「いもの苗植えは難しいき、素人には無理!あんたは草をひきや」と言われたのでした。

 こうして畝を見ると、雑草だらけで肝心のジャガイモが見えません。(写真参照)

Jagaimo2

 そして今日はとても風が強い。持ってきた麦わら帽子はひっくり返り、首にぶら下げたまま草をひきました。とにかくすごい量の草でジャガイモは覆われ、ともするとジャガイモよりも立派に成長して、ジャガイモを見失い一緒に刈ってしまいました。(せいぜい1、2本だよ、はっちゃん)

 そうして午前中サニーマートに配達に行って帰ってきたともちゃんも合流して、3人で草引きを続けていて、ふと思いました。「雑草がこんなに生えちゅうのにも、何か意味があるがやないろうか」と。

 するとともちゃんが、「そうやで。こんなにいっぱい生えたのは、畑に肥料をやりすぎているからで、その分を草が吸うてくれゆうがよ。そうせんと、ジャガイモは腐ってしまうんよ。」なるほどね!ただし、その草をそのままにしていたら、草に負けてジャガイモが育たなくなるから、今草引きをしているんだ。

 またはっちゃんが言うには、「こんなに風が強いときに草を引くのは、風が強いと抜いた草が早く乾燥するから新たに生えにくいがや」と。

Jagaimo 写真:草を引いたあと(遠くに見えるは、ともちゃんとはっちゃん)

草引きひとつとっても、何といろんな意味があるのだと考えさせられる日でした。

 おまけ写真:畑のすぐ近くにある桜つつじ公園

Tutuji

|

« 野菜の出荷 | トップページ | ごんたの通院生活2 »

日々の仕事」カテゴリの記事

コメント

 けんちゃんさん、コメントありがとうございます。草引きは本当に大変です。でも一人でやるときは、いろんなことを考える時間にもなりますし、二人でやると色んな話をする機会にもなります。

 そして最後には、きれいになった畝で風に揺れている作物を見て、満足感が得られます。だから、草引きは楽しいと感じることもあるのです。

 でも、本音は...やっぱり大変です。

投稿: ゆっきー | 2008年4月20日 (日) 08時43分

除草剤を使用されないので、草引きも大変なさぎょうですね。

>、「そうやで。こんなにいっぱい生えたのは、畑に肥料をやりすぎているからで、その分を草が吸うてくれゆうがよ。そうせんと、ジャガイモは腐ってしまうんよ。」なるほどね!ただし、その草をそのままにしていたら、草に負けてジャガイモが育たなくなるから、今草引きをしているんだ。

 そういうことなのですね。

 良く大変さが理解できました。

投稿: けんちゃん | 2008年4月20日 (日) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027725/20381552

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガイモの草引き:

« 野菜の出荷 | トップページ | ごんたの通院生活2 »