« 玉ねぎの魔法 | トップページ | 噂のコロッケ »

2008年5月17日 (土)

かぼちゃの受粉作業

 松江から帰ってきて、僕が一番最初にした仕事はかぼちゃの苗を畑に植えることでした。あれから、一か月が経ち、かぼちゃの木は大きくなり、花が咲き出しました。

 ここで、僕たちの出番です。かぼちゃの花は、雌花(めばな)と雄花(おばな)にわかれており、雄花の花粉を雌花のめしべに受粉させなければ、実が大きくなりません。ミツバチが飛んでいるので、彼らにやってもらおうと思うのですが、彼らは花粉も集めるので、あまり期待はできないのだそうです。

写真:雄花Photo_3

写真:雌花Photo_4 (花の下にあるのが実)

写真:受粉作業Photo_5

 まさちゃんにやり方を聞いて、受粉作業をしていましたが、「あれ、これって、中学の理科で習ったな」と思いました。うーん、農業は勉強になるなあ。

 今日は、僕の従兄のひろしくんの誕生日です。おめでとうございます。高知にもぜひ遊びに来て下さいね。

|

« 玉ねぎの魔法 | トップページ | 噂のコロッケ »

日々の仕事」カテゴリの記事

コメント

テツさん、コメントありがとうございます。happy02
そう祈っていただけると、さらに良くなると思います。

製造現場は、また違った大変さがあると思います。無理しない程度にがんばりましょうねgood

投稿: ゆっきー | 2008年5月18日 (日) 17時13分

 こんにちは。ものづくりっていいですね。かぼちゃの実がしっかり実ることをお祈りしています。僕も、製造現場で働いています。お互いがんばりましょう!

投稿: テツ | 2008年5月18日 (日) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027725/21002080

この記事へのトラックバック一覧です: かぼちゃの受粉作業:

« 玉ねぎの魔法 | トップページ | 噂のコロッケ »