« 僕が続いてる理由 | トップページ | 待っている人がいる幸せ »

2008年9月16日 (火)

木島先生 ご来高!

 こんにちは。今日も、朝から雨rainが降ったり、降らなかったりしています。台風接近typhoonの影響で、苗の移植ができないので、家の片付けや大根の種まきをしていますpig

 さて先日9月12日に、農学博士の木島先生が高知に来て下さいました。木島先生は、栃木県農業試験場生物工業部長をされており、コンパニオンプランツ(共生植物)clubなど、多数の本を書かれています。

 今回は、高知での学会に来られた際に、「よさこい有機の会」のメンバーの畑に寄って下さり、野菜や米作りについて色々とアドバイスを頂きましたnotesnotes

写真:幹夫さんの畑を見てアドバイスをくれる木島先生2_r (左端)

 僕は、初めて木島先生にお会いするので、ドキドキheart02heart02していましたが、博士なのにとても気さくで、また非常に紳士的で格好良い方でした。そして、野菜作りや土作りについてお話をしてくれる時も、初心者の僕にも理解ができるように、分かりやすい説明をしてくださったり、時々頑張れよと肩を叩いてくれました。

 木島先生のお話は、植物の生態や肥料の成分の分解の仕方、地質学、歴史学など、複数の分野にまたがって、深い考察がされていました。また、メンバーが各々異なる質問をしても、落ち着いて的確に答えてくれました。

 例えば、①稲は、生後30日までは、品種の違いが出ない。30日から大人になって、品種の違いが出てくる。②作物は、日照時間が2400時間(約100日)で、収穫できる。などなど。こうした植物の特性や気候、土壌を踏まえたうえで、野菜を作っていくことが大事だと、おっしゃられていました。

 ひとしきりメンバーとの質疑応答を終えた後、時間がないにも関わらず、うちの畑にも寄って下さいました。そして、土作りのことや、野菜の生育について、貴重なアドバイスをいただきました。はっちゃん(僕の母)は、木島先生の大ファンで、先生が来られるのを非常に楽しみにしており、写真を取ってもらえて、感激していましたlovely

写真:畑で木島先生と_r camera

 僕は、改めて自分の勉強不足を痛感しbearing、向学の思いを新たにしました。今までは、日々の農作業に追われ、またそれを言い訳に、ほとんど勉強していませんでした。しかし、これを機会に、秋の夜長を勉学にいそしもうと思いますpencilpencilpencil

 

|

« 僕が続いてる理由 | トップページ | 待っている人がいる幸せ »

素敵な出会い」カテゴリの記事

コメント

SAKAさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ。僕も当日聞かされて、慌ただしたったです。ネジネジマフラーですか。かっこいいhappy02

農業書の交換ですか。それは、ナイスアイデアです!うちには、親父がたくさん買っているので、ぜひ回し読みしましょう。また、情報交換もしましょう!

投稿: ゆっきー^-^ | 2008年9月16日 (火) 22時49分

木嶋先生、今年は秋においでになったんですね~
ちょうど私が研修させていただいているときに
来高されていたので、私もお父上について
見学させてもらいましたよ。
まだ、寒い時期で木嶋先生は中尾彬ばりに「ねじねじマフラー」を
されていました(^_^)オシャレサンデスネ

「秋の夜長に・・」とのことですが私も本だけはたくさんあるので、
「土壌」「肥料」「微生物」「緑肥」「トマト(笑)」とか必要なジャンルを
言っていただければ、あるものはお貸ししますよ♪
(木嶋先生の著書も2冊ほどあります)
農業書は市場が小さいせいか、バカに高く、必要なのを
全部買ってたら大変なことになります(^_^;
お互い貸し借りして勉強しませんか?

投稿: saka | 2008年9月16日 (火) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027725/23781120

この記事へのトラックバック一覧です: 木島先生 ご来高!:

« 僕が続いてる理由 | トップページ | 待っている人がいる幸せ »