« 元気です | トップページ | 春の野草 »

2009年3月 7日 (土)

春の田役

 こんばんは。今日は、地区の田役に行きました。田役とは、来たるべき稲作りに使用する用水路や川を掃除することです。

 今回は、8人集まりました。これは、地区ごとに掃除する場所が決まっていて、そこを使用する農家だけでなくだれでも参加できます。70代が3人、60代2人、50代が2人、唯一の20代が僕という組み合わせでした。

 午前中は、まず天神川の清掃をしました。高規格道路の建設が進んでいる部分は、コンクリートの舗装がされており、その部分はだいぶ楽に清掃できました。しかし、それ以外の場所は、長年の泥や石が堆積しており、かつ藻などの草が生えており、なかなかの重労働です。

 それぞれ、備中鍬(平べったい鍬)、いつつこ(5本の鍬)、スコップなどを持っており、土手の草をスコップで取り除き、砂利や草をいつつこで掻き上げ、備中鍬で汚泥や砂を引き上げましたwrench

 すると、野菜作りの名人のますきやん(70才代)が、「あ、これ、うなぎや!」と鰻を発見しました。見ると、20cmほどの茶色い細長い魚が動いています。

 そのすぐ後に、矢野のおじいさん(70才代)が、「お、亀や」。そのちょっと後に、またまた、ますきやんが、「今度は、なまずや」と、30cm以上もあるなまずを見つけました。その後、一昨日が啓蟄ということで、カエルを何匹も見かけましたdelicious

 聞けば、最近は川が汚れ、ナマズはおろかウナギも見かけたことが無かったとのことです。

 僕は、ただ単に田役だからしているという意識ではなく、こうして、地域の皆と一緒に川を掃除させてもらっているという気持で、一生懸命掃除をしました。

 すると、いつもの半分の時間で作業が終わり、次の日の予定分の途中まで作業が進みました。

 どんなに農業の技術が進み、機械化が進んでも、水が無ければ作物は育ちません。まして、稲は、日本の主食であり、太古日本は、豊芦原瑞穂の国(とよあしはら みずほのくに)と呼ばれていました。瑞穂とは、みづみづしい稲穂の意味で、生命力が有る稲の穂の意味です。

 だから、こうして、地域の皆で、川をきれいにするということは、とても大切なことだと思います。また、休憩の間に、先輩農家の方から、地域の歴史や作物の作り方などが聞けて、普段なかなか話す機会がとれないので、僕自身非常にいい時間を過ごせました。

 今日は、農家の方ばかりでしたが、次回はもっと近所の方に声かけをして、地域の皆で、地域の川を綺麗にしていけたらと思います。

 

|

« 元気です | トップページ | 春の野草 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

五分刈りキムチさん、コメントありがとうございます。

こちらこそ、田役お疲れさまです。どじょうやふなには、会えませんでしたね。
本当、少しずつ人が増えたらいいと思います。

投稿: ゆっきー^-^ | 2009年3月15日 (日) 20時25分

田役お疲れ様です。 私も2月にやらさせていただきました。 どじょっこやふなっこたちが、つらい作業を和ませてくれます。 ウナギがいたというのは、以前よりも川がきれいになったからでしょうか。 農家にかかわらず、もっとたくさんの人に参加してもらえれば、排水の意識も高まりそうですね。

投稿: 五分刈りキムチ | 2009年3月 9日 (月) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027725/28515145

この記事へのトラックバック一覧です: 春の田役:

« 元気です | トップページ | 春の野草 »