旅行・地域

2011年7月19日 (火)

絵金祭り

 こんにちは。台風が接近しており、高知でも横殴りの風typhoontyphoontyphoonと大雨rainrainが断続的に降っています。我が家でもビニールハウスのビニールをはがしたり、雨戸を閉めたり、片づけをしたりと大忙しです。

 配達から帰ると、保育所から電話があり、娘を迎えに行ってきました。

 さて、先週の日曜日に香南市赤岡町の絵金祭りに行ってきました。絵金とは、幕末・明治期の浮世絵師 金蔵の通称です。郷土を代表する絵師として、高知県民に愛されています。

 この日は、絵金の屏風絵が商店街に公開されるんですが、その前に絵金歌舞伎というのを少し見てきました。

写真:絵金歌舞伎座2_r

 いやー、高知に歌舞伎があるなんて驚きです。

 その後、赤岡の町並みをぶらぶら散策しました。

写真:屏風絵3_r

 昔ながらの商店街と絵金の絵が非常にマッチしており、良い雰囲気でした。かき氷や鯛焼きを食べた後、土佐キムチの米ちゃんの所で、美味しいキムチとビビンバを買ったり、雑貨屋でデジカメケースを買いました。

 嫁さんも子どもも大満足でした。

写真:家族で1_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

島根に帰省

 こんにちは。9月も10日が過ぎましたが、まだまだ残暑厳しい日が続きますね。

 さて、結構前の話にはなるんですが、先月末に嫁さんの実家である山陰に帰省してきました。2泊3日という短い日程でしたので、早朝5時に起きて出発しました。

 今回は、岡山県の蒜山(ひるぜん)高原とやらに行ってみようと思ったので、途中蒜山ICで降りて、散策しました。

 その日の蒜山は、天気も良く、草原がきらきらと輝いていました。道の駅で野菜を買った後、大山スカイラインという国道で、蒜山から大山に向かいました。とても、景観の良い箇所もありましたが、アップダウンが激しく、道もくぬくねしていたので、運転したのにもかかわらず、ちょっと酔いました。

 大山は、やはり雄大で綺麗でした。

写真:大山1_r

 いつものように、大山牧場「みるくの里」に立ち寄り、ソフトクリームを食べて草っぱらでくつろぎましたが、何度来てもいいところです。

写真:みるくの里の原っぱから日本海を望む2_r

 その後、境港の漁山亭(ぎょさんてい)で、日本海の海の幸を堪能し、松江にある「カフェビータ」で、こだわりのカプチーノを楽しみました。その後実家に付いた後に、近くの湯の川温泉で、旅の疲れをいやしました。

 皆さん、山陰は、本当に最高です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

春の田役

 こんばんは。今日は、地区の田役に行きました。田役とは、来たるべき稲作りに使用する用水路や川を掃除することです。

 今回は、8人集まりました。これは、地区ごとに掃除する場所が決まっていて、そこを使用する農家だけでなくだれでも参加できます。70代が3人、60代2人、50代が2人、唯一の20代が僕という組み合わせでした。

 午前中は、まず天神川の清掃をしました。高規格道路の建設が進んでいる部分は、コンクリートの舗装がされており、その部分はだいぶ楽に清掃できました。しかし、それ以外の場所は、長年の泥や石が堆積しており、かつ藻などの草が生えており、なかなかの重労働です。

 それぞれ、備中鍬(平べったい鍬)、いつつこ(5本の鍬)、スコップなどを持っており、土手の草をスコップで取り除き、砂利や草をいつつこで掻き上げ、備中鍬で汚泥や砂を引き上げましたwrench

 すると、野菜作りの名人のますきやん(70才代)が、「あ、これ、うなぎや!」と鰻を発見しました。見ると、20cmほどの茶色い細長い魚が動いています。

 そのすぐ後に、矢野のおじいさん(70才代)が、「お、亀や」。そのちょっと後に、またまた、ますきやんが、「今度は、なまずや」と、30cm以上もあるなまずを見つけました。その後、一昨日が啓蟄ということで、カエルを何匹も見かけましたdelicious

 聞けば、最近は川が汚れ、ナマズはおろかウナギも見かけたことが無かったとのことです。

 僕は、ただ単に田役だからしているという意識ではなく、こうして、地域の皆と一緒に川を掃除させてもらっているという気持で、一生懸命掃除をしました。

 すると、いつもの半分の時間で作業が終わり、次の日の予定分の途中まで作業が進みました。

 どんなに農業の技術が進み、機械化が進んでも、水が無ければ作物は育ちません。まして、稲は、日本の主食であり、太古日本は、豊芦原瑞穂の国(とよあしはら みずほのくに)と呼ばれていました。瑞穂とは、みづみづしい稲穂の意味で、生命力が有る稲の穂の意味です。

 だから、こうして、地域の皆で、川をきれいにするということは、とても大切なことだと思います。また、休憩の間に、先輩農家の方から、地域の歴史や作物の作り方などが聞けて、普段なかなか話す機会がとれないので、僕自身非常にいい時間を過ごせました。

 今日は、農家の方ばかりでしたが、次回はもっと近所の方に声かけをして、地域の皆で、地域の川を綺麗にしていけたらと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)