素敵な出会い

2010年10月19日 (火)

じんさいに行ってきました

 こんばんは。今朝はかなり涼しかったですね。寒さで起きてしまったほどです。しかし、明日からは、またぬくくなるようです。

 さて、昨日は、剣尾(つるお)神社で、「じんさい」があり、部落の代表で、急きょご奉仕に行ってきました。

 剣尾神社は、南国市の里改田と浜改田の氏神さまで、スサノオノミコトを祀っています。そして、年に一度「じんさい」と言って、神輿を担いで部落内を練り歩く行事があるのです。

写真:剣尾神社1_r

 今回は、自分の部落にある「獅子」(獅子舞)を持って、参加しました。道中で、子供がいれば、獅子の口で噛んであげるのです。

 実は、8年ほど前には、白丁(はくちょう)といって、神輿を担ぐ役で、参加したことがあり、今回で2回目の参加です。

 9時に神社に集合して、1時間ほど神事が行われ、いよいよ出発です。

写真:神輿(白装束が白丁)2_r

 しかし、白丁として参加した前回とは違い、今回は非常に暇でした。基本は、軽トラックにに乗って移動します。お金やお酒を御奉納する人がいれば、神輿が降りてきて、御奉納をした方が、その神輿の下をくぐるのです。が、今回は平日ということもあり、子供がいません。だから、獅子は降りる必要がないのです。

 次回(あれば) は、もっとアグレッシブに獅子舞を披露してやりたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

またまた発生しました!

 おはようございます。お久しぶりです。今朝は、トマトの手をしたあと、キューリとスジナシマメに水やりをして、かぼちゃの花をつけてきました。そのあと、朝食をとって、いま久しぶりにパソコンに向かっております。

 さて、ご報告が遅くなりましたが、4月中旬から、田んぼに「豊年エビ」と「カブトエビ」が発生しました。昨年に続き、2度目です。昨年は、2つの田んぼだけでしたが、今年は、6つの田圃で発生を確認しました。

 これは、「豊年エビ」と「カブトエビ」との両方が発生した田んぼに家族が集まり、観察している写真です。

写真:どこどこ?1_r

 左から、はっちゃん、まさちゃん、ゆっきーが、カブトエビを確認しています。

写真:豊年エビ2_r

 今年は、オレンジよりも緑色の豊年エビが多いように思います。

写真:カブトエビ3_r

 このカブトエビは、すこし小さいですが、大きいのはこの1.5倍(3cm)ほどになります。このカブトエビなんですが、つぶらな目がちょこちょことついていて、本当に可愛いいですlovelylovely

 この分だと、また今年も豊年になるかも!

おまけ写真:おっとっと4_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

日本農業新聞

こんにちは。今日は大風ですね。吉川の畑に行くとき、軽トラが揺れるくらいの強い風が吹いていました。

さて、先週金曜に以前父に取材に来て下さっていた、日本農業新聞のツゲさんが、今度は僕たち若いもんの取材に来てくれましたp(^^)q

ツゲさんは、百九十センチをゆうに越える背の高い男性ですが、インタビューの時は優しくにこやかに話す好青年ですp(^^)q畑のぬかるみや泥も気にせず、積極果敢な取材が特徴的です。

子供が三人も農業を手伝っているという例はあまりなく、しかも有機農業をしているということで、記事になるみたいです。

当日は残念ながら雨でして、家の庭で取材になりました。荷造りをしながら、年齢、手伝いだした時期と動機、スリーサイズ(これは冗談)などを答えました。

妹がツゲさんの上着に泥が付いているのを気にするど、「泥を汚すぐらい一生懸命にすると良い写真が撮れるんだ、僕の場合は」と恰好よく答えたのに、ようちゃんは「モグラが?!」という意味の分からない聞き間違いをして、台なしでした(>_<)さすがに、「僕ら」と「モグラ」は厳しい(≧ω≦)

ようちゃんは、よく聞き間違いをしますが、無理があったり意味が分からないのが多いので、要注意です。

いつ掲載されるか、あるいは本当に掲載されるかは分かりませんが、分かり次第ご報告します。

ツゲさん、遠くからありがとうございました(^O^)/

日本農業新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

テレビ取材の証拠写真

 こんにちは。今日の高知は、ぽかぽか陽気でしたねhappy01

 さて、修理に出していたパソコンpcが戻ってきたので、以前紹介したテレビ取材の証拠写真を掲載します。

参考:「テレビ取材だぞ」:http://igosso-masao.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-c67c.html

写真:ゆっきーバージョン1

 ゆっきーの右隣が、宇佐美記者です。笑顔が可愛いですよね。ニンジンの持ち方が、胸をキュンとさせます。

 その右が、カメラマンの方です。なかなかのイケメンです。しかし、レタスの持ち方が、すこし気になります。そして、左端が、音声の方です。左手の白菜の持ち方が、機材を持っているかのような大胆な持ち方です。

 次にようちゃんバージョン。

写真:ようちゃんバージョン2_r

 マイクさんを除いては、ようちゃんと僕が、一瞬のうちにすり替わったかのように、RKC取材陣は、ほとんど同じ姿勢同じ笑顔です。合成写真のようにも見えますが、ちゃんと別々に撮りましたよ!

 取材陣の皆さんは、とても好意的で積極的に取材をしてくれました。また、ネタに困ったら、ぜひ遊びに来てほしいと思っています。

 最後に、突然で直前の告知でしたが、ニュースを見てくれた方は、いましたでしょうか?もし、奇跡的に目撃したという方は、感想をコメントをくださいましたら、喜びますhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

こだわりキムチ

 こんばんは。今日はぽかぽか陽気で暖かかったですねhappy01ゆっきーは、午前中管理機でキャベツとじゃがいもの畝を整理した後、スーパーに配達に行って、午後はまさちゃんとキャベツの定植とじゃがいもの定植をしました。どちらも順調に行けば、5月から6月にかけて収穫できそうです。

 さて、今月に入ってから、土佐キムチのよねちゃんのところに、本格的に白菜の出荷を始めました。天候や虫の発生等で、例年より1カ月ほど遅れての出荷です。

 ご存知の通り、米ちゃんは化学調味料や合成保存料等を使わず、天然塩やくるみ、唐辛子など自然のものでキムチを作っています。だから、米ちゃんのキムチは辛さだけでなく甘みもあり、病み付きになります。

 米ちゃんに、うちの野菜の特徴を聞いたところ、「野菜には細胞壁というものがあって、キムチにするにはまず細胞壁を塩漬けして壊さないといけないんだよ。ゆっきーんちの白菜はその細胞壁がふつうのより強くて、塩漬けに時間がかかる。でも、その分キムチにしたとき、歯ごたえがあって美味しいよgood

 このうちの白菜を使用したキムチは数量が限られているので(すみません、今年はなかなか白菜が少ないのです)、共同購入組織NPO法人「土といのち」にしか卸していないとのことです。ぜひ皆さん、「土といのち」に入って、貴重なキムチを食べてみてください。

参考:「土といのち」HP http://www15.ocn.ne.jp/~tuchi/index.html

ブログ:http://blog.goo.ne.jp/tuchitoinochi

写真:よねちゃんと野菜Photo

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

援農パート2

 こんばんは。10日振りの更新となります。間隔が空いてすみませんbearing

 昨日は、暮らしの楽校のスタッフである佐野さんが、ご友人のイノさんとともに、援農に来て下さいましたbleah

 佐野さんは、家が南国ということもあり、週に1回、うちに野菜を取りに来て下さる、心優しい方ですcat先週の高知新聞にも載っていましたが、最近メディアにも進出をはたし、今や飛ぶ鳥を落とす勢いですchick

 昨日は非常に天気が良かったので、片山の畑で、ニンニクの草引きをしていただきました。ニンニクは10月に植えたきり、ほったらかしにしていたので、かなり草が生えていました。

写真:ニンニクの畝1_r

 詳しい作業のようすですが、今回も僕はまさちゃんから、他の畑でイモ掘りを一人でして来いと言われたので、良く分かりませんが、お二人とも、作業用の服で来てくれ、しっかり農作業をする気持ちがあり、4時間で草引きを終了して下さいました。

写真:草引き後2_r

また、一緒に作業したようちゃんは、「二人とも、とても筋が良く根気があったので、非常に助かった」と褒めていましたlovely

 草引きのあと、一人イモ掘りをしていた僕の畑に、佐野さん達が車でcar来て下さり、植えている野菜の話をしました。なぜか、まさちゃんも、バイクで空港airplaneの畑に来ましたが。

写真:草を引く佐野さん3_r

写真:イノさん(奥)とようちゃん(手前)4_r

 援農は農作業を手伝ってくれるだけでなく、実際に現場の畑を見て、野菜のことを見て感じていただく、非常に良い機会だなと思います。

 佐野さん、イノさん、またお待ちしております!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

坂本さん来訪

 こんにちは。厚い雲が空を覆い、昼なのに薄暗い高知です。

 さて、昨日は、お昼に元研修生の「トマト農家」坂本さんが訪ねてこられました。過去のブログを確認すると、7月10日ですので、何と3か月ぶりの訪問です。

参考:坂本さん参上http://igosso-masao.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_d780.html

 まず、足もとのブーツ、腰にくくりつけたバッグまでは、同じなのですが、お顔の下の方に黒々としたものが付いています。そうです、髭です。その立派さは、無精髭というよりも、武将髭ですpenguin

 早速、ともちゃんが理由を聞くと、「ああ。無精髭にしていたら、うちの子供が、お父さんカッコいいというき、伸ばしちゅうがです」と、坂本さん。生憎、僕は携帯電話を忘れており、撮影できませんでしたが、なかなかの野武士振りです。(本当似合っていましたhappy02

 その後、まさちゃんと、今冬に向けてのトマトの作付けについて、意見交換をしていましたが、坂本さんのなかなかの勉強家ぶりに話に入っていけずじまいでした。

 ハウスで無農薬のトマト栽培に挑む坂本さんのトマトは、12月頃から食べれるということですので、ぜひ見かけた際は食べてみてくださいねgood 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

取材が来ました

 こんばんは。最近、更新できずすみませんでしたcoldsweats01

 今週は、ビッグニュースがありましたhappy02暮らしの楽校の校長「たっくん」の紹介により、2件の取材がありました。一つは、日本農業新聞、もう一つは高知の情報誌「タウン情報こうち」です。

 月曜に日本農業新聞の記者さんが来ましたが、まさちゃんだけでなく僕たち兄弟にも色々とインタビューをしてくれました。

 いずれも、今後記事の案を送って下さるとのことですので、また情報が入り次第、お知らせします。

 今週は、仕事だけでなく、夜も土佐町に出かけたりと、なかなか忙しい一週間でしたlovely

 たっくん、どうも有難うございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

木島先生 ご来高!

 こんにちは。今日も、朝から雨rainが降ったり、降らなかったりしています。台風接近typhoonの影響で、苗の移植ができないので、家の片付けや大根の種まきをしていますpig

 さて先日9月12日に、農学博士の木島先生が高知に来て下さいました。木島先生は、栃木県農業試験場生物工業部長をされており、コンパニオンプランツ(共生植物)clubなど、多数の本を書かれています。

 今回は、高知での学会に来られた際に、「よさこい有機の会」のメンバーの畑に寄って下さり、野菜や米作りについて色々とアドバイスを頂きましたnotesnotes

写真:幹夫さんの畑を見てアドバイスをくれる木島先生2_r (左端)

 僕は、初めて木島先生にお会いするので、ドキドキheart02heart02していましたが、博士なのにとても気さくで、また非常に紳士的で格好良い方でした。そして、野菜作りや土作りについてお話をしてくれる時も、初心者の僕にも理解ができるように、分かりやすい説明をしてくださったり、時々頑張れよと肩を叩いてくれました。

 木島先生のお話は、植物の生態や肥料の成分の分解の仕方、地質学、歴史学など、複数の分野にまたがって、深い考察がされていました。また、メンバーが各々異なる質問をしても、落ち着いて的確に答えてくれました。

 例えば、①稲は、生後30日までは、品種の違いが出ない。30日から大人になって、品種の違いが出てくる。②作物は、日照時間が2400時間(約100日)で、収穫できる。などなど。こうした植物の特性や気候、土壌を踏まえたうえで、野菜を作っていくことが大事だと、おっしゃられていました。

 ひとしきりメンバーとの質疑応答を終えた後、時間がないにも関わらず、うちの畑にも寄って下さいました。そして、土作りのことや、野菜の生育について、貴重なアドバイスをいただきました。はっちゃん(僕の母)は、木島先生の大ファンで、先生が来られるのを非常に楽しみにしており、写真を取ってもらえて、感激していましたlovely

写真:畑で木島先生と_r camera

 僕は、改めて自分の勉強不足を痛感しbearing、向学の思いを新たにしました。今までは、日々の農作業に追われ、またそれを言い訳に、ほとんど勉強していませんでした。しかし、これを機会に、秋の夜長を勉学にいそしもうと思いますpencilpencilpencil

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

西村さん来訪

coldsweats01 こんにちは。雨rainが続き、畑の野菜もだいぶ元気になってきました。8月上旬に播いた人参も、かなり大きくなってきました。順調にいけば、11月頃に収穫できそうですeye

 今日は夕方に、利他食堂を経営する西村さんたちが来ました。今回は岡林さんの他に、広報の女性の方も一緒です。

参照:http://igosso-masao.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_5c24.html 

 まさちゃんは、思いがけず若い女性が一緒だったので、少し照れてhappy02、柱によりかかりながら、話をしていました。

 今回の主要件は、玉ねぎを追加で欲しいとのことでしたが、生憎在庫がなく、来年また注文してもらうことになりました。その後、これから出きる野菜の話をしました。現在の一押しとして、さつま芋を勧めましたが、店ではあまり使用しないとのことでした。

 まさちゃんは、「料理にさつま芋を使うたら、お客さんが美味しい言うて喜ぶぞ」と、よく分からない勧め方をしていましたが、やっぱり駄目でした。

 利他食堂さんは、素材の違いのわかる料理屋さんですので、今後も色んな料理に使ってもらえるよう、一生懸命野菜を作っていこうと思いました。

 まだ利他食堂さんに食べに行けていないので、今度行こうと思います。そういえば、先日の21日は、ともちゃんの誕生日birthdayでした。食べに行ったら、なんかおまけしてくれますよね、にっくん!

写真:今週のお勧め野菜「ヒユナ」Photo

| | コメント (2) | トラックバック (1)