余暇

2009年12月 7日 (月)

晩秋の山陰路①

 こんばんは。お久しぶりです。長い間、御無沙汰してしまい、ファンの皆様に深くおわび申し上げます(*_ _)人

 実は、先週3日ほど、島根に帰ってきました。家族の理解のもと、久しぶりに山陰に行くことができました。

 高知から、島根までは、高速を使うと4時間半から5時間ほどで帰れます。あいにく週末は休みが取れなかったのですが、それでも通勤割引などを利用して、多少安くなりました。

 今回は、途中で大山に寄ることにしました。いつもは時間の都合上、通過することが多く、しかも天気が悪くなかなか大山の雄姿を拝むことができ無かったので、とても期待していました。

 その日は、曇りだったのですが、僕たちが寄った際には、ちょうど雲が動き、綺麗な大山を拝むことができました。

写真:伯耆富士 大山1

 「みるくの里」というところに寄ったのですが、ここは広い芝生があり、景色も良くゆったりとできます。また、そこの「牛乳ソフトクリーム」は、ミルクの味が濃く美味しいんです。帰る間際に、牛舎によって、牛を見ました。子供たちが「牛さん、おいでおいでー」と言っていると、本当に牛が寄ってきて、しかもそのうち一頭は、なんと体に触れさせてくれました。凄いですよね!

写真:牛との触れ合い2

 帰るときには、また雲が集まってきて、大山が見えなくなったので、本当にこの日はラッキーでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

聖伝にはまってます

 こんばんは。今日も高知は良い天気sun日中は、薄手のシャツdenimで農作業をしています。今日は、キャベツの畝づくりと、セロリの草引きをしました。

 さて、久々に、僕らの余暇の過ごし方をご紹介をします。皆さん、CLAMP(クランプ)という漫画家をご存知でしょうか?最近のは知らないですが、『カードキャプターさくら』や『マジックナイトレイアース』といったヒット作を連発する人気漫画家です。

 そのCLAMPの『聖伝RG VEDA-』が、僕とともちゃんの間で静かにブームになっています。 あらすじは、最強の武神将・夜叉王は、天界を過酷なやり方で統治する天帝・帝釈天に反旗を翻し、帝釈天に滅ぼされた阿修羅族の最後の生き残りである幼い阿修羅王を守り、「天を滅ぼす」と予言に示された「六星」を糾合する旅に出る。多くの犠牲を払いながらも集まった五星は、帝釈天の居城に討ち入って帝釈天と対峙する。その最中、阿修羅王はその真の姿を現わし、予言を成就させようとするが……。(ウィキペディアより抜粋)

 実はこれ結構古いマンガでして、1989年から1996年に書かれた作品で、僕は中学1年の頃に、出会いましたwinkこれがなぜ今頃読んでるかと言うと、ともちゃんが応接間から、3、4巻を発掘して、「これ読んでみたい」と言ったからです。

 僕も、15年ぶりにその存在を意識し、急に読みたくなりました。全10巻のうち、4巻しかなかったので、ブックオフに走りました。まだ全部そろってないのですが、最後の9巻と10巻が入手できたので、満足しています。

 と、前置きが長くなりましたが、これ、久しぶりに見ても、結末で泣けましたよcrying特に、主要キャラである『龍王』が死ぬシーンは、ぐっときますweep初期作品なので、変なところもありますが、勢いがあって、引きこまれていきますtyphoon

 なかなか入手できないかもしれませんが、ぜひ読んでみてください。マニアックですが、コメント待ってマースgood

写真:聖伝Photo  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

山陰小旅行 終了


 こんにちは。今日の山陰(島根と鳥取)は、朝から雨です。宍道湖は霧雨で対岸が見えず、町は霧のカーテンで包まれています。

 今は高速バスの中で米子市を過ぎたあたりです。ひそかに楽しみにしていた大山(だいせん)は、大きな靄に包まれ、裾すら見えません。

 さて、三泊四日の帰省は、観光だけでなく、多くの友人達との再会もでき、非常に有意義でした。それと同時にいろんな時と場所に、懐かしさを覚えました。大学進学から八年も過ごした山陰は、自分にとり第二の故郷であると、改めて感じました。

 これから、ブログでも山陰の風景や想い出などを紹介し、少しでも高知と山陰の懸け橋になれればと思います。

写真:松江のカフェビータのカプチーノとりんごのケーキ山陰小旅行 終了

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

島根に帰省中です

 おはようございます。また一段と涼しくなり、秋めいて来ましたね。

 さて、実はおとといから、嫁さんの実家のある島根に帰省しています。四ヶ月ぶりの島根ですが、松江の中心部は道路工事が進んでいたり、新しい店も出来ていたりと、変化も感じました。

 もちろん、湖や川、海、山などの美しい自然は、そのままで、懐かしさとともに癒されました。

 今回はようちゃんが付いて来たので、久しぶりに松江堀川の遊覧船に乗りました。四百年経ってもびくともしない城の石垣に、立派な松や武家屋敷などの歴史情緒。船頭さんの出雲弁による案内などで、ようちゃんにも、「水の都松江」を堪能して貰えたようです。

 昨日は、ようちゃん念願の安来市にある「足立美術館」に行きました。ここは、日本一の庭園と、日本画の巨匠横山大観の収蔵で知られています。また、入館料の高さも日本一と言われています。

 僕も二回目で、ワクワク((o(^-^)o))しながら入りました。

 まず、庭園の美しさにうっとりします。手入れが行き届いた庭というのは、それ自体が芸術的な絵画のようです。ここでは、借景として裏の山を美術館で買い取り、山自体をもきちんと手入れ管理することで、完全な美を作りあげています。

写真:庭園

島根に帰省中です

 館内のカフェのドリンクが一杯千円でしたが、千円で、この景色をスイーツにお茶出来るのなら、安いかもと思いながら、通り過ぎました。

 明日に高知に帰るので、今日一日島根を満喫しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

ごめん・なはり線は絶景!

 こんにちは。だいぶ猛暑がやわらいできたように感じますね。あとは、雨が降れば言うことはないのですが。

 さて、先日、久しぶりに休みを取って、土佐くろしお鉄道のごめん・なはり線の列車に乗ってきました。当日は天気も良く、最高のお出かけ日和でしたsun

 ごめん・なはり線は、南国市の後免駅から奈半利町の奈半利駅を結んでおり、高知が生んだ天才漫画家のやなせたかしさんが、自主的に各駅のキャラクターを作って下さり、盛り上げてくれています。

 今回は、「ごめん まちこ」さんのいる後免町駅から、乗りました。

写真:後免町駅から電車を待つPhoto

 まず、奈半利駅まで、ごとごと揺られて行きました。野市駅までは、畑と住宅と川の景色が続きましたが、その後は、雄大な太平洋とトンネル、山が続いていきます。

 奈半利駅について、駅に隣接するイタリヤ料理店で昼食をとりました。パスタとピザを頼みましたが、奈半利の新鮮な魚介を使用していて美味しかったです。ただ、「貧乏男のパスタ」というメニューには、驚かされました。

 その後は、折り返して、和食(わじき)駅で下車し、ケーキを食べて、海岸線をぶらつきました。

写真:和食の浜2

 今回は、一日フリー切符を利用しましたが、何と今はキャンペーン中で、2100円のところが1600円で、非常にお得でした。また、秋にも行きたいなpenguin

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

桂浜水族館

 こんにちは。今日は暑さがぶり返した高知です。日中は、仕事なんかしてられません。朝晩に集中して、仕事をしています。

 さて、先週の話ですが、昼休みを利用して桂浜(龍馬像のあるところ)にある桂浜水族館に行ってきました。

 この水族館に入るのは、8年前に大学の友人O崎君が来て以来です。入口を潜り抜けると、小さな龍馬像がありましたので、そこでまずパチリ。かっかも、遠くを見ていますね。

写真:ミニ龍馬とPhoto

 中に入ると、まず幻の魚「アカメ」がたくさん泳いでいます。その名の通り、目が赤い魚で、四万十川に生息している川魚です。体長は大きいもので2mを超えます。

 そして、中央の大きな水槽には、色んな魚に交じって「海ガメ」が泳いでいます。水槽に天井がないので、触ろうと思えば触れそうです。

写真:海ガメ2

 そうそう、この水族館は、フラッシュ撮影や長時間のビデオ録画以外は、写真撮影が可能なのです。みんな思い思いに写真を撮っています。

 次に、各水槽ごとの魚を見ていると、説明が書かれ提案す。この、説明がなかなかおもしろいのです。土佐弁で魚の特徴などを書いたあと、ほとんどその魚の食べ方や味の評価がされています。

写真:3 カンパチの説明

 館内を見て終わり、イルカやペンギンを見に行こうというとき、実家から帰れコールが・・・1時間足らずの見学でしたが、なかなかおもしろかったです。

 また暇を見つけていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

アンパンマン号出発進行

 こんにちは。今日も高知はいい天気ですsun皆さん、いつも応援ありがとうございますhappy02

 昨日は、久しぶりにまさちゃんから休みを分捕って、高知市内に遊びに行ってきました。はるるん改め「かっか」と二人で、とある駅を散歩していると、かっかの大好きな特急列車がやってきました。

 そうです、アンパンマン列車です。

写真:アンパンマン号Photo

 かっかは、大ファンなので、「アンパンマン、アンパンマン。赤ちゃマン、キンチャン!」と、大興奮です。もう少し時間とお金ができたら、このアンパンマン号で、旅行に行きたいと思います。

 帰りに、黒潮ラインという太平洋沿いの道路から帰りましたが、久しぶりに真っ青な海でした。

写真:インザブルーシー0713

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

龍河洞に行ってきました

 こんばんは。今日は天気予報が外れ、快晴sunになったので、3週間ぶりに半日休みをもらいましたhappy02

 そこで、午後から、龍河洞に行きましたcar龍河洞は、日本三大鍾乳洞のひとつで、香美市土佐山田町にあり、実家から車で20分のところにあります。きょうは、平日と言うことで、ガラ空きでした。

 まず、目の前の階段に、目を奪われました。

写真:階段_r_2

 ガイドさんが一人付いてくれ、中に入ると、とてもヒンヤリしました。聞けば、気温は16度で、年間を通して、気温が一定なので、夏は涼しく、冬は暖かいそうです。

 中は、地下水と雨水が流れており、終始水の音がしていました。はるるんは、「怖い、怖い」と言って、狭い洞窟内をひたすら抱っこして歩く羽目になりました。

写真:鍾乳洞2_r

 1kmの道のりを1時間近くかけて、出口に出ると、やっとはるるんは、笑顔になりました。

写真:はるるんるんるん_r_5

 その後、先日行ったログカフェ「プータロ」で、癒しのひと時を過ごしました。

写真:プータロから見た景色_r_4

 やはり、気分転換は大事ですね。また、明日から、頑張るぞ。 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

最近わが家で流行っていること③

 こんばんは。何とか今日も更新出来そうな、ゆっきーです。

僕とともちゃんは野菜の荷造りの時に音楽を聴きながらしています。

最近よく聞くのはBUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)というバンドです。とにかく詩とメロディとヴォーカルの声が最高です。

曲に合わせて歌いながら作業すると気持ちよくできます。他にもMr.ChildrenやYUI等いろいろ聞いています。

ちなみにばーちゃんとまさちゃんは携帯ラジオを一日中聞いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

最近我が家で流行っていること②

 こんにちは。昨日は大変な雨と風でしたが、今日は快晴の高知です。

 さて、最近我が家で流行っているシリーズ、第二弾は、ずばりコーヒーです。僕が戻ってくるまでも、井上家では珈琲をよく飲んでいましたが、インスタントコーヒーか缶コーヒーでした。せっかくなら、おいしいコーヒーを飲もうということで、島根から持ってきた珈琲ミルを我が家に持ち込みました。

 珈琲ミルとは、焙煎(煎った)した珈琲豆を細かくする器械のことです。まず、電動と手動のものがあり、電動は早くて簡単にできますが、その分摩擦熱が生じ、味が損なわれるともいわれます。

 また、手動のものは、すり潰すものとカッティングするものがあります。僕の愛用のミルは、手動でカッティングするものであり、こちらの方が均等に細かくできるので、より味のバランスが良いといわれています。

 まあ、うんちくはこんなものにして、食後にみんなで珈琲をいただく時間ができたことが、一番の収穫です。さあ、美味しいコーヒーを飲んで、仕事がんばるぞい!!

写真:珈琲ミルとカップとようちゃん_r

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧